レッグウォーマー

妊活に亜鉛

栄養素のひとつである亜鉛は、妊活をしている方にとっては、とても重要なものです。
亜鉛を摂取することの効果はいくつもありますが、中でも免疫力がアップすることが大きいです。
また、妊活、妊娠という言葉から、どうしても赤ちゃんを妊娠する女性のみが行う活動のように思われていますが、男性とっても必要な活動です。
特に男性の妊活には、亜鉛は欠かせないと言われています。

男性にとって亜鉛は、精子を作るために必要な栄養素です。
精子を作るもととなる細胞、精母細胞が分裂して成長するために、精子を作る器官である、精巣内の亜鉛の濃度が高いことが必要となっています。
女性にとっても、亜鉛が不足すると、卵子を形作るメカニズムに影響を及ぼすと言われています。
また、受精をする時にも亜鉛が必要だとされています。
卵子と精子が受精をすると、受精卵となり、細胞分裂を繰り返して、赤ちゃんへ成長していきますが、その過程でも亜鉛は重要だと言われています。
亜鉛を多く含む食材は、肉、特に牛肉や、魚介類、卵の卵黄部分、チーズ、アーモンド、そして玄米やゴマといった穀物が挙げられます。ヒジキや、切り干し大根といった乾物類にも含まれています。
もっとも多く含まれている食べ物は、生の牡蠣やホヤなどです。煮干しや、豚レバーなどにも、多く含まれています。
亜鉛だけでなく、ビタミンCや、動物性タンパク質と一緒に摂取するようすると、さらに吸収率が良くなりますが、お茶やコーヒーに含まれているタンニンや、野菜に含まれているシュウ酸という物質は、吸収を妨げますので、注意をしましょう。

亜鉛は日ごろの食事から摂取するのが一番良いのですが、不足をしていると考えられる際には、サプリメントで補いましょう。
1日に摂取すると良い亜鉛の量の目安は、男性は約12mg、女性は、約9mgとされています。
妊娠中は、さらに摂取することが望ましいとされています。
ただ、妊活に良いからと言って、過剰に摂取すると、免疫力が下がってしまうことになりますので、注意が必要です。