レッグウォーマー

男性の妊活で良い食材とは

妊活という言葉を聞くと、どうしても女性だけが行う、妊娠のための活動のように捉えられがちです。
しかし、最近の調査では、不妊の原因の半数近くは、男性の側にあるとも言われているほど、男性不妊というのは、深刻な問題になってきています。

男性の精子は、昔と比べ非常に少なくなってきていると言われています。精子が少なくなると、受精の可能性が低くなります。
そして、精子自体の問題、精子の奇形率が高かったり、精子がほとんどない状態である乏精子症、そして無精子症などといった状態ですと、妊娠を希望していて、女性がいくら妊活などで努力をしても、妊娠する可能性がかなり低くなると言えます。
精子の運動量や、量などは、専門の病院に通院、場合によっては手術をすることで、改善する場合もありますが、生活の基本、食生活を見直すことは、女性の妊活と同様、とても大切なことです。
男性不妊に効果がある、食材で真っ先に挙げられるのは、亜鉛を含む食材です。亜鉛は精子を作りだす役割があるため、良く知られています。
亜鉛が不足すると、性欲が減退してしまいます。
亜鉛を多く含む食材には、牡蠣や、アナゴ、エビやイカといった海産物、ショウガなどがあります。また、アミノ酸の一種である、アルギニンを含む食材も効果があります。アルギニンは、精子を作っている物質ということもあり、免疫の機能がアップしたり、精子の運動量が改善するといった役割があります。
アルギニンを含む食材は、大豆や、牛乳、レーズン、ナッツなどがあります。
タンパク質の一種である、セレンもアルギニンと同じく、精子を形作る役割があります。
セレンが多く含まれる食材は、カツオやアジ、タイなどの魚や、ワカメなどがあります。
ほやなどに多く含まれるビタミンEなども、効果があるとされています。

妊活に良い食材ばかり食べるのでなく、偏らず、バランスよく食事を摂ることも男性だけでなく、女性にも大切です。規則正しい食事を心がけましょう。