レッグウォーマー

妊活での内診の不安を解消

妊娠をしたいと思った時に行う妊活の方法はいくつもあります。身体を妊娠しやすいよう、身体づくりに励むことも一つの方法ですが、必ず行った方が良いのが、産婦人科クリニックを受診することです。

はじめに産婦人科を受診することで、自分自身の子宮の状態を知ることができ、妊娠しやすいよう、場合によっては治療を行うことができます。
子宮の状態は、自分では見ることができませんので、専門の医師に診察をしてもらうことが必要になるのです。
妊活のために、産婦人科を受診すると、いろいろな検査が段階的に行われます。
医師による問診、そして、内診、超音波を使った検査、血液検査や、子宮卵管造影検査などがあります。
最初から一気にすべての検査が行われるということは少ないですが、医師による問診と、そして内診は必ず行われます。
問診は、これまでの妊娠歴や、月経の頻度や量などの状態、基礎体温があれば、基礎体温の状態など、細かく聞き取りを行います。
また、内診は、産婦人科にだけ行われる診察です。子宮の状態が良好かどうか、子宮自体の形はどうか、卵管の細さ、卵巣の状態などは、内診を行わないと、把握することができません。
妊娠をするのに必要となる排卵日は、内診で卵巣の大きさを測ることによって、分かることができますし、卵管が細くて、排卵しづらいことが分かれば、その後の治療にステップアップすることができます。
さらに、女性にとって気になる、子宮に関する病気の検診にも、内診は欠かせません。
しかし、内診は、膣から器具を入れたり、指を入れたりすることで、診察を行うことから、痛みや出血を伴うこともあります。
なんといっても、不安だったり、恥ずかしいという気持ちが強い方も多く、産婦人科の受診をためらう女性もいらっしゃいます。

妊活中の内診の不安などの気持ちを和らげるためには、安心できる医師を探すことも大切です。同じ女性である女医さんがいるなど、口コミなどを頼りに産婦人科探しを行いましょう。